ゆるい職場で働き、生涯転職しない会社員生活

新卒入社の会社で永年勤続する予定です。平穏に暮らしていきたい。

【実録】ずっと欲しかったもの【夢日記】

母が、家を出ていった。

 

 

寂しさと、ホッとした気持ちがあった。

もう母が壊れることはない。これで安心だ、そう思った。

 

強烈に寂しい。しかし、時間が経てば。

そう思っていた。

 

 

なのに、母は帰ってきてしまった。

 

 

母の気配を感じた私は、玄関のドアを勢いよく開ける。

くたびれた洋服を着ている、いつもの母が、そこにいた。

 

 

「もういい!

 もう、いいよ!・・・・・・もう、いいの。」

 

 

涙が込み上げる。

 

なんで帰ってきたの!

嬉しい。また会えて、嬉しい!

 

そんな気持ちが、同時に湧きあがる。

 

でも、もういい。本当に、もういいの。

もう、楽になってほしい。

 

 

なのに、帰ってきてしまった。

 

「もういい、

 もう、いいのに・・・」

 

泣き崩れる私を見て、

母は、今までに見たことのない穏やかさで、私に近づく。

 

 

『ねえ、私たちって、みんなに見えていないものが見えているみたい。』

『だから、しょうがないのよ。』

 

 

母が軽快に、優しく笑う。

 

 

電撃が走る。

 

 

ああ、お母さん!

やっと、分かってもらえた!

 

何をどうしても、この人には伝わらない。

何度も無力感に襲われた過去が、今までの苦心が。

ここにきて初めて、"報われた"。

 

 

私は、もう言葉を発することができず、

ただ、泣くことしかできない。

 

母は、仕方ないわね、と笑っている。

 

 

ああ、なんて、あたたかい。

きいろい光に包み込まれる。

 

 

私は、私はずっと、

誰かに私と同じ目線に立ってもらいたかったんだ。

ずっと、寂しかったんだ。

そして、その「誰か」は、できることならあなたがよかったんだ。

 

 

包み込まれて、寒かった私に気付く。

今、こんなにあたたかい。

 

 

母が、ゆっくり近づいてくる。

涙は、しばらく止まりそうにない。