凡庸な人間が平穏に生きる(必死)

生きるのが下手な会社員が、平穏な暮らしを求めて足掻いている記録です。